内職で稼ぐ方法

庶民の懐事情

長引く景気低迷に数年前の金融ショック、硬直化した産業構造の行き詰まりが重なり未だ不況の出口すら見えない日本。

 

政府の対応はその場しのぎの後手後手に回り、東日本大震災からくる節電がGDPにもたらす影響も取り沙汰されている中で、庶民の財布はますます痩せ細っていくのではないでしょうか。

 

 

●真っ先に削られたお小遣い

少し前に発表された統計によると一家の大黒柱である父親のお小遣いは年々減額の一途だとか。

 

生活に回すお金に余裕がなく、真っ先に削られるのはお小遣いなどの自由に使えるお金。

 

生活が苦しい中で必死に働いても週に1度の飲み会も開けないようでは精神的に弱ってしまいますね。

 

また家計を支える主婦も常にお金がない、ギリギリのやり繰りを任されている状態はストレスが溜まります。

 

家計簿を眺めながら「あと1万円でもあれば」と呟いたことありませんか。あと1万円でもあれば楽になるのに。

 

それを簡単にかなえる方法があるんです。

 

メールマガジン

 

 

名前


*メールアドレス


 

プライバシーポリシー